資料請求

来場予約

標準性能・品質

大分で注文住宅を手がける豊後夢工房が標準性能・品質についてご説明します。

  • HOME
  • 標準性能・品質

豊後夢工房がご提供する標準性能と品質

高性能・高品質な住宅をより身近に、低価格で提供する──これが、大分で注文住宅を手がける「豊後夢工房」のモットーです。しかも、この基本思想は、スタンダードな仕様の家づくりにも貫かれています。こちらでは、豊後夢工房がご提供する標準性能と品質について、床下地中の熱を利用した熱交換システム「Eco・I(エコアイ)工法」と「減振ブレーキ工法」「金物工法」による耐震設計を例に挙げ、そのアウトラインをご説明します。

Eco・I(エコアイ)工法:床下地中の熱を利用した熱交換システム

豊後夢工房のこだわりは高気密・高断熱の追求に留まりません。床下地中の熱を利用した熱交換器の採用で、一層の省エネと快適性を図っています。では、そのメカニズムとは?

Eco-I熱交換システムのメカニズム
冬:暖かい床下地中の熱を利用

冬:暖かい床下地中の熱を利用

冬は、温かい排気ダクトで床下を暖め、かつ熱交換器で回収して床下に給気。熱交換器で排気から湿気を回収し、これで給気を加湿します。
冬の過乾燥防止に有効。地中熱と排気熱で暖められるベタ基礎コンクリートの効果で、床下温度は安定し、健康で快適な室内環境です

夏:涼しい床下地中の熱を利用

夏:涼しい床下地中の熱を利用

夏は室内にこもった熱を涼しい床下の地中熱を利用し、その冷えた地中熱とを熱交換。冷えた空気を室内に給気します。
また、湿気を排気側に回収することで、除湿された空気を床下に給気します。
そして、地中捏と排気熱で冷やされた基礎断熱の効果で床下側お温度は安定し、健康で快適な室内環境を保ちます。

PICK UP!きれいな空気を室内に「アレルノンフィルター」採用

Eco・I工法では、外気に含まれる花粉やPM2.5 などの微粒子、その他の粉塵やホコリを取り除いて、室内の空気をクリーンに保つため、独自の「アレルノン吸気フィルター」を採用。小さなお子様のいらっしゃるご家庭や、アレルギー体質のご家族がいらっしゃるご家庭でも、安心して快適で健康な生活を送っていただけます。

断熱効果を高めるさまざまなプラスαの工夫

断熱効果を高めるさまざまなプラスαの工夫

Eco・I工法単独でも大幅な省エネ効果が期待できますが、豊後夢工房では、その性能をより生かすためにさまざまな工夫を取り入れています。たとえば、アルミよりもはるかに熱が伝わりにくい高級樹脂サッシの使用や、赤外線を効果的にカットするLow-Eガラスの採用もその一部。加えて、赤外線を約80%反射する特殊シートで建物を覆ったり、発泡ウレタン吹き付け断熱を採用したりといった工夫で、従来の2.4倍という高い断熱性能を確保しました。さらに7層構造の高断熱屋根材、寒冷地で用いられる「基礎断熱」の導入で、より一層の高性能を実現しています。

耐震性の高い家を実現

住まいは消費財ではなく資産──だからこそ、豊後夢工房は建物の耐久性や耐震性にもとことんこだわっています。ここでは、豊後夢工房が採用している「減振ブレーキ工法」「金物工法」などについてご紹介します。

減振ブレーキ工法で大地震のエネルギーを大幅に減衰

減振ブレーキ工法で大地震のエネルギーを大幅に減衰

豊後夢工房で採用している「減振ブレーキ工法」は大地震の際の揺れ、加速度を大きく減衰させるシステム。被災地に大きな被害をもたらす巨大地震のエネルギーを400ガル(阪神段震災の半分程度の加速度)に抑える優れたシステムです。免振工法と異なり、機能するのは大地震の際に限られますが、その分、免振工法よりも大幅にコストを抑えられるのもこの減振ブレーキ工法のメリットです。

金物工法が、建物を面で支える強固な構造に

HEIG(ヘイグ)耐震金物工法が、建物を面で支える強固な構造に

一般的な在来工法の家(木造軸組工法)では、建物を支えるのは柱と梁でできた構造体です。このように釘などを使わない従来の工法では、木材をかみ合わせるために大きな穴を空けたり、部分的に細くしたりするなどして本来の強度が失われがち。豊後夢工房では、独自の「金物」を構造の補強に用いることで、こうした断面欠損を排除して、木材の持つ本来の強度を引き出します。また、この金物を使うことで、柱と梁という線で支える構造から、多面体で支える構造になり、地震の揺れにより強い家になります。