資料請求

来場予約

Rireve(リレーヴ)の特長

大分で注文住宅を手がける豊後夢工房の住宅商品Rireve(リレーヴ)の特長をご説明します。

  • HOME
  • Rireve(リレーヴ)の特長

だからおすすめ!「Rireve」(リレーヴ)の特長

「Rireve(リレーヴ)」は、高気密・高断熱設計と独自の熱換気システムによる優れた省エネ性能、そして太陽光発電による創エネを組み合わせて、住まいのエネルギー収支をゼロにする、次世代のZEH(ゼッチ=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。ここでは、リレーヴの特長についてお伝えします。「高性能・高品質な家を低価格で」がモットーの「豊後夢工房」が、なぜおすすめするのかおわかりいただけるでしょう。

夏は涼しく、冬は暖かくそれがW断熱効果

夏は涼しく、冬は暖かくそれがW断熱効果

一般的な住宅の断熱は「外断熱」と「内断熱」の2つに大別されます。どちらにも長所・短所がありますが、その“いいとこ取り”をしたのがリレーヴのW断熱構造です。建物の内側だけでなく外側にも断熱を施すことで、これまで熱の逃げ道になっていた柱や梁からの放熱をシャットアウト。この「W断熱」構造の採用で、リレーヴでは従来比で3倍もの高断熱性能を確保しました。文字通り、夏涼しく、冬暖かい室内環境を実現した理想の住まいです。もちろん、高気密な造りと相まって、冷暖房にかかるエネルギーの消費を大幅にカット。家計にも地球にもやさしい一棟です。

外断熱 キューワンボード

リレーヴが採用したのは、熱伝導率0.021と断熱性に優れた「キューワンボード」で家全体を包み込む外断熱構造。内断熱だけでは得られない連続した断熱層のおかげで長期にわたって優れた断熱性・気密性を維持。しかも居室間の温度差を解消できるので、ヒートショック防止にも貢献。さらに結露を防いでカビやダニの繁殖を抑えるので気になる健康被害から家族を守ります。なお、外断熱工法なら間取りを変更した場合でも断熱・気密層にダメージが及ばないため、リフォームや増改築でも余計なコストがかかりません。また、長期優良住宅の条件をクリアするのも外断熱なら比較的容易です。

内断熱 充填断熱 アクアフォーム

現場吹き付け発泡で、複雑な構造の住宅でも容易に、すきまなく施工できるのが充填断熱による内断熱のメリット。また、断熱材として用いるアクアフォームは自己接着力を持ち、柱や梁など躯体との間にすきまができにくいのも特徴で、外断熱と組み合わせることで一層の省エネ効果、冷暖房効率が期待できます。またアクアフォームの微細な連続気泡構造は吸音性にも優れており外部からの騒音侵入や内側からの生活音の漏れを軽減してくれます。

断熱性能最高レベルの窓、トリプルガラス+樹脂サッシ

断熱性能最高レベルの窓、トリプルガラス+樹脂サッシ

これまで断熱の鬼門と呼ばれていたのが窓やサッシといった開口部。小さなすきまやアルミ製のサッシ枠などを介して熱が逃げてしまうからです。今日では、二重サッシなどの採用である程度対策できますが、豊後夢工房の家づくりでは、その上を行くトリプル(三重)ガラスと熱損失の小さな樹脂サッシを併用することで一層の断熱を可能にしました。このトリプルガラスと樹脂サッシの組み合わせは高価ですが、豊後夢工房の家づくりではこれが標準仕様となっています。

樹脂サッシの断熱性能との比較

壁と比べ格段に低い窓の断熱性。なんとアルミサッシと単板ガラスの組み合わせでは、壁の約12倍もの熱がここから逃げていることがわかります。これが二重ガラスになったとしても、約8倍、さらに熱伝導率の低い樹脂サッシと二重ガラスの組み合わせでも壁に比べ熱の逃げやすさは約4倍に止まるに過ぎません。ところが、リレーヴで採用しているトリプルガラスと樹脂サッシの組み合わせでは壁の2倍程度に抑えられています。もちろん、他のサッシと比べればその性能差は段違いです。

花粉やPM2.5を防ぐ。省エネ・健康換気システム

花粉やPM2.5を防ぐ。省エネ・健康換気システム

いかに断熱性の高い家でも、換気の際はどうしても熱が逃げます。そこで、リレーヴでは換気の際に発生する排熱を回収して、室内に循環させる独自の熱交換システムを採用。これにより四季を通じて建物内の室温を一定に保つことが可能に。もちろん、冷暖房費の削減が図れます。また、リレーヴでは外気からハウスダストやPM2.5、粉塵などを取り除いて、室内に安全な空気を導く特殊フィルターやアレルギーの元となる物質を分解するプラズマイオン発生装置を搭載。居室内の空気環境をクリーンに保てるため、アレルギー体質の方、小さなお子さんのいるご家庭に最適です。

創エネ、ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

創エネ、ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

高気密・高断熱構造、高性能な熱交換システムによる省エネと太陽光発電による創エネを組み合わせ、住まいのエネルギー収支を実質的にゼロにする「ZEH」もリレーヴの標準仕様。エネルギーの自給自足を推進することで、家計での光熱費負担を減らし、炭酸ガス排出を最小限にすることで地球環境への負荷軽減にもつながります。なお、太陽光発電の心臓部であるソーラーモジュールは長寿命設計が特徴。設置から25年が経過しても、公称最大出力の80%を下回らないことを保証しています。